SURVIVE SHIRTS 

WESTRIDE 19SS NEW ITEM「SURVIVE SHIRTS」

生地はORIGINAL SELVAGE CHAMBRAY COTTON100%。
MADE IN NIIGATA。
新潟県内の機屋にて力織機を使用し、手間と時間を掛けて織り上げたオリジナル生地。

当然のことながら作業効率は高速レピア織機に及ぶべくもないが、
力織機ならではの柔らかなテンションでゆっくりと織り上げた生地には独特のデコボコ感があり、
肌との間に空気の層ができるため、その空気を体温で温めつつ、素晴らしい着用感を実現する。

その風合いと着心地は、現在の主流となるレピア高速織機では絶対に再現不可能。
同機屋では前述の作業効率の関係もあり現在ではウエストライドと、
ビンテージレプリカでは他の追随を許さない表現力を持つ某有名ブランドの2社だけにオリジナル生地を織り上げている。

今後どれだけの期間、現在同様に生地の生産を続けていけるのかを危惧する程に希少価値の高い生地と言えるでしょう。
織柄のデザインやカラーリングについては弊社で資料として保有する昭和40年代を中心とした原反スワッチをイメージソースとし、柄パターンや糸の飛ばし方などをシュミレーションして製作。

糸から成型し、染め・織・加工と全ての工程をオリジナルで行い、
懐かしさと新鮮さを同時に表現する生地として高く評価されています。

デザインアートはGDW「WEED」氏。
LEATHER作家であり人の肌にタトゥーを彫り込むのと同じ手法で、
革にカービングを施し色を挿し込んでいく手法で類のないオリジナリティーを持つ。
各方面から高い注目を集める新進気鋭のARTISTに依頼。

コットン仕様の総柄シャツ。
経年変化を楽しめる染込みの耳付きシャンブレー生地を使用し、
ややワーク寄りのテイストで提案する新作です。

今季テーマである「SURVIVE=生き延びてゆく」を示唆し、
バイク旅やツーリング時のトラブルを解決する必要最低限の工具達が描かれています。

中には「現代のトラブルに必要不可欠なアレが」。
何ともユーモアのあるデザインに仕上げています。

ビンテージとして工具メーカーのサービスマンシャツとして存在する一着をモチーフにWESTRIDEらしい観点で製作する、今季最もアイキャッチ-な一枚。

5ozセルヴィッチシャンブレー20/-x20/- C100%、高瀬貝使用。
販売価格 20,680円(内税)
COLOR
SIZE